予備知識 | ワードプレス(WorsPress)とは??

さて、ここまでのステップで繰り返し出てきた言葉に「ワードプレス(WorsPress)」があります。

これはWEBサイトを構築するためのプラットフォームですが、この先長く利用していくので、基本的なことは知っておいた方が良いでしょう。

ワードプレスってなに?という方のために「予備知識編」としてまとめましたので、ざっとご覧ください。

この先の解説では「WordPress」を略して「WP」と表記する場合がありますので、覚えておきましょう。

 WordPressとは?

もともとWEBサイト自体は、HTMLという専用の言語で記述されています。

HTML言語というのは、WEBサイトの設計図で、1から10まで、記述するためのルールがきちんと決まっています。

要するに、高い専門知識がないと、まずHTML言語だけでWEBサイトを構築できません。

これが、今まで素人がWEBサイトを自作できず、高額な外注業者に頼るか、そもそも作ることを諦めなければならない理由でした。

でも、現代ではその難しいハードルは年々に下がっています。その1つがワードプレスのようなCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)の登場です。

これにより、難しい設計図の大枠は自動的に記述してくれて、細かな中身だけ編集&作成できるようになりました。

メリット1. 誰でも自由に開発・利用して良い¥0

WordPressの優れたところは、誰のものでもないところです。世界中の人が自由に無料で使え、ベースにして開発することにもお金がかかりません。(※アレンジして独自に開発されたソースは著作権で無断利用できません。)

メリット2.ユーザーが多い

誰でも自由に利用できるので、世界中の人が利用しています。

つまり、ユーザーがたくさんいる。ユーザーがたくさんいると市場となり得ます。ユーザーたちに便利な機能を開発して販売したり、使い方や活用法を提供する人々が増えていきます。

WordPress自体は誰でも自由に使えますし、制限はしていけないことになっていますが、WordPressをベースに開発された個々のテーマやプラグイン(機能)は開発者のもので、有料販売されています。

もちろん、有料のものは使う使わないは、個々の判断で自由です。

ただ、このように世界中の多くの人が利用していて、多種多様な機能や、情報が手に入ることは重要です。

いざ、細かな部分で疑問に感じても、知っている人が1人もいないのと、誰かが同じ思いを経験してその時のことを情報発信しているのでは、まるで違うからです。

3.プラグインで機能をカンタンに追加できる

この先「プラグイン」という言葉がたくさん出てきますが、それもメリットの1つ。

例えば「複数の画像をスライドで表示する」というのはも本来であれば言語でプログラム化しなければ実現できませんが、これを代わりに作って、写真を選ぶだけで実現できるようなプログラムがすでに組まれたものが「プラグイン」です。

previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
Slider

プラグイン=差し込んで使うというような意味合いで、基本的にはダウンロードして有効化すれば、すぐに機能を利用できます。(*設定が必要なものもあります。)

実に様々なプラグインがほとんど無料で導入でき、使えます。もちろん、基本は無料で、高機能版は有料という場合もありますが、通常は無料で事足ります。

多くの場合、海外で制作されていて、英語が苦手だと使うのに困りますが、ユーザーが多いので誰かが解説記事をUPしてることがほとんど。ネットで検索すればたくさんの解説記事がヒットします。

本来なら

高度なプログラムを書かなくてはならないものを、誰かが無料で公開していて、自由に使えるのでとても便利です。

4.テーマも無料のものがある

プラグインは、WEBサイトの中に埋め込む機能のひとつひとつですが、「テーマ」も無料のものがあります。

プラグインが個々の機能なら、テーマは「WEBサイト全体のデザインの機能」と言えます。

これも、自分で1から作ろうと思うと、とても高度でとてつもない時間が必要となりますが、テーマによっては無料で公開されているものがあります。

有料のものでも数千〜3万円ほどで、いちど購入したテーマは、自分のサイト作成のためなら、何度でも利用して大丈夫です。(*各テーマの利用規約による。)

もちろん、有料のものは、デザイン性や機能性が洗練されていて、目的に特化したデザイン・機能が付け加えられていて、便利です。

プラグインは、バラバラに開発されているので、場合によっては相性が悪いこともありますが、それらの機能を初めからテーマとして備えている場合は、開発者が整えてプログラムしているので安心です。

5.難しく考えなくても制作&運用 (+収益化)できる

当塾で紹介している方法は「初心者が誰でも独自ドメインオリジナルWEBサイト構築・運用するノウハウ (+収益化ノウハウ)」です。

そのベースとしてWordPressは秀逸です。WordPressをベースとして、一気通貫でステップ化しているので、手順さえ守れば失敗のしようがありません。

ドメインの取得方法やサーバー選びなどは、いくらでもあります。ですが、一連の流れとして導入から、構築・運用まで、さらには実践的な収益化のノウハウまでをお伝えしているものはありません。

当塾のステップ通りに進めていけば、確実に独自ドメインでのオリジナルWEBサイトを構築・運用できるようになります。

はじめは知識がなくても、繰り返し実践することで知識もスキルも定着化していき、どんどんレベルUPしていくものです。

本来であれば、専門書や解説書を何冊も読んで、悪戦苦闘する部分を、そこをとうに経験した塾長が「必要かつ大切な部分&手順」に絞っているから、とても軽快に作業が進みます。

まとめ

WordPressについて、予備知識としてカンタンにお知らせしました。

難しいスキルや、高度な知識はほとんど必要ありません。

今はまだ知らなくても、この記事のように順序良く、1つずつ吸収していけば良いのです。

タイトルとURLをコピーしました